25 6月 2012

Aalto Keskus ja Rautatie hullu A・アールトの建築と鉄

セイナヨキから南西に15kmほどのところにある
イルマヨキに音楽祭のために滞在していたときの撮影です。
1年間その街、セイナヨキ市に住んでいたことがあるんです。臨時教員として。
建築家、アルヴァル・アールトによって施工された街の一角です。
Olen asunut Seinäjoella v. 2007 - 2008.
Provinssi Rockin -  tai Ilmajoen Musiikkijuhlien aikana kävin Seinäjoellä ja otin nämä kuvia. 


Lakeuden Risti
セイナヨキ大聖堂
“アールト・センター”の案内板
Aalto Keskuksen Info kartta 

Kaupungin Teatteri. Vasemalla Kaupungin Kirjasto.
中央は、市立劇場。その奥は警察。
左に見えるのは、市立図書館。
これは市役所。
Kaupungintalo. 鉄っチャンな話題も。…Rautatie hullu?…


セイナヨキとヴァーサの間は、
ここ1、2年の間に電化されました。
En tienyt tai muistanut että nyt Seinäjoen ja Vaasan välillä on sähkörataa.

Runoilija Yrjö Jylhä(Ooppera Taipaleenjoen päärooli)n kotikaupunki Tampereen asemalla.
タンペレの駅で、乗り継ぎ待ちの間に。
まぁだ現役の電気気動車。旧ソ連製です。
Wau!!! VR on Venäjän Rautatie, eikö?
Sen junan ikkunasta 
そんな機動車に引っ張られて見えてきたのは、
Hämeenlinna.
フィンランドの古城、
ハメーンリンナ。

0 件のコメント:

コメントを投稿